ムダ毛が気になる年頃は

ムダ毛処理

小さい頃はムダ毛とは誰もがほとんど無縁だったと思います。

毛が生えていると
言ってもうぶ毛のような薄い毛だったので
ほとんどそれが目立つことはありませんでした。

 

ところがそれが段々と濃くなってきてムダ毛として強く
意識するようになってきてしまうのです。
それは大体いつ頃くらいからでしょうか。
人によって成長の個人差はありますがおおよそ
小学校高学年くらいからだと思われます。
その頃から女子は生理が始まるようになりますし、

 

男の子は声変わりを迎える時期です。なぜそのような現象が起こるようになるのかというと
性ホルモンの働きによります。性ホルモンとは女性らしさ男性らしさを作り出すためのホルモンです。
しかし男性だからといって男性ホルモンばかりが分泌されるわけではありません。
女性ホルモンも持っています。またその逆で女性も同じ用に両方の性ホルモンを持っているのです。
そのホルモンの働きが活発になってくることで体にも様々な変化が現れるようになるのです。

 

体毛が濃くなってくる、今までなかった脇の下や陰部にも毛が生えてくるのもそのホルモンの影響だと言われています。
ちなみに毛が濃くなるのは男性ホルモンの働きによります。
そしてそのくらいの年頃の子は周りの目や異性からの視線をひどく意識するようになってきます。
それなので濃くなってきた自分の毛をひどく気にするようになってきてしまうのです。
この頃は特に女子のほうがそれを強く意識することが多く、最近では小学生でも脱毛に通っているという話も聞きます。

 

ミュゼららぽーと

かみそりで処理する

ムダ毛処理

ムダ毛をきちんと処理するのは女性として当然のことだと思われています。

多くの方がまずは自分でそれを処理しようと考えるかと思います。
そしてその方法にも複数あります。

 

その中でも誰もが一度は経験したことがあるというのがかみそりを
使った方法ではないでしょうか。
特に顔の産毛などはかみそりを使って処理するのが
一般的です。顔は一年中外部にさらされている箇所ですので
毛に関しては最も目立ちやすいところと言っても過言ではありません。

 

 

 

鼻の下の産毛などは女性でも結構しっかりと濃い毛が生えてきますので
特に注意して処理する必要が出てきます。最近ではうぶ毛剃り用のシェーバーなども
販売されていますのでかみそりの扱いに自信がない方でもトラブルなく
毛の処理ができるのです。しかしながらかみそりでの処理はメリットもあるのです。

 

それは顔の余分な角質を落としてくれる効果があるということです。
産毛がなくなると化粧のノリがよくなったり肌が一段明るく見えるようになります。
そしてかみそりを使ってうぶ毛の処理を行うと毛と一緒に余分な角質も
落としてくれるのです。それによって肌の新陳代謝がよくなるのです。
しかしその分肌に負担がかかりやすいのがデメリットです。
かみそりで処理した部分が真っ赤になってしまういわゆるかみそり負けも
起こしやすいので肌が弱い方は最初に一部を処理してみて様子を見てから
全体を処理するようにしたほうがいいでしょう。
また処理するときは必ず石鹸等でお肌のすべりをよくしておくようにしましょう。